Miru's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 子供の病気 溶連菌感染症

<<   作成日時 : 2005/12/24 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

21日幼稚園の帰りのバスでNeneが吐きながら帰ってきた。それからもずっと調子が悪く、何も食べない。帰ってきたばかりの時は熱はなかったが、夜になると38度5分まであがり、ほとんど何も食べずに寝た。
次の日、熱は37度台に下がったが、元気はなくグッタリしている。サークルのクリスマス会も出るのを断念。私がサークルから戻ると今度はKyokyoも元気なさそう。熱を計ると38度5分!!前日のNeneとまったく同じ症状で、食欲はなくぐったりしている。
23日には2人とも37度台に下がってわりと元気だったので、外出させずに家で様子を見る。Kyokyoは脚や手に一見虫にさされたような赤いかたまりのような発疹がたくさんできる。顔も赤い、「もしかして川崎病か??でも、それにしては元気だし・・・」と心配になる。
24日、かかりつけの小児科にKyokyoをパパに連れて行ってもらう。喉の検査で「溶連菌感染症」だとわかる。かなり感染力が強い病気で、姉弟ではほぼ移ると言われ、もう熱の下がっていたNeneも診せに行くと、やはり同じ病気だった。。。
「溶連菌感染症」は深刻な病気ではないけど、熱が下がり治ったと思って薬をやめると再発して、リウマチ熱や腎炎をおこすことがあるそう。1ヶ月ごに尿検査をして、そうなっていないか調べるらしい。熱が下がれば、人にうつすことはないらしく、薬をしっかり飲んでいれば普通の生活をしていてよいとのこと。ホッとしました。

とにかく、このクリスマスイブにはもう元気になっていてよかった。
子育てしていると、今まで知らなかったいろいろな病気にも詳しくなる。トホホ。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
子供の病気 溶連菌感染症 Miru's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる