アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「英語」のブログ記事

みんなの「英語」ブログ

タイトル 日 時
3年ぶりの更新 ここ2〜3年を振り返って
こちらではすっかりご無沙汰しています! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/27 08:56
"Confessions of a Shopaholic" Sophie Kinsella
YL:6.5 語数:100,000 久しぶりに読了できました。通勤電車の中だけで読み終わりました。すごく達成感があります。またまた洋書読み復活できそうです。。。この本のおかげで何度駅を下り損ねてしまったか。。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/19 22:58
Genes 'play key happiness role'
面白い記事を見つけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 01:42
久々の読書記録 PB"The Alchemist"
YL:5.5 語数:41000 ブラジルの作家コェーリヨの世界的ベストセラー作品。 羊飼いの少年はピラミッドに行き宝を手に入れる夢を見て、自分の運命への追求の旅に出かける。途中、錬金術師(アルケミスト)に導かれながら、その夢を成し遂げるまでのお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/11 23:17
師走!!
毎年のことですが、この時期はやはりバタバタです。 気がつくともう21日。もうすぐクリスマスですね。 ようやくサークルや教室のクリスマスも終わり、あとはNeneのピアノのクリスマス発表会とお友達とのお楽しみのクリスマス会のみになりました。ホッ。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/21 10:28
ハロウィン関係終了!!
教室、サークル、お友達のパーティと、本日ですべてハロウィンイベント終了しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 22:41
10月の絵本(Halloween編)
なかなか時間がなくてオススメ絵本が書けないでいました。 今月はハロウィンで盛り上がっています。 ここ数年、ハロウィン関係の絵本はまったく買い足していません。この時期だけよく読むのでまたかという感じにもなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 21:01
ALTの授業参観して思ったこと
Neneの小学校のALTの授業参観に行ってきました。 隔月に1回来ているので、これが3回目でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/20 22:32
イベントのお仕事無事終了!
またまた今日は英語で歌って踊ってのイベントのお仕事でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/07 21:11
酒井先生の講演会に参加して <余談>
最後の質疑応答であるお母さんが遠慮がちに「お高いことで有名な英語教材を手に入れてしまったのですけど・・・」と始まり、先生が「あの70万近くする教材ですか??」・・フムフムと思っていたら絶妙なタイミングでNeneが「トイレ行きたい!!」と。。その後すぐに一緒にトイレに行き、質問の部分と先生のお答えは聞けませんでした。(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 20:09
酒井先生の講演会に参加してB
最後に質疑応答の時間になり、子ども英語に関する質問も出ていました。先生のお答えは「お母さんが英語学ばせた〜いという強いオーラをださないこと!」「お母さんが多読や英語を楽しんでいる後ろ姿を子供に見せること!」というようなことをおっしゃっていました。ここも、確かに!!と納得しましたよ。お母さんが頑張りすぎて英語嫌いになってしまった例もいろいろ聞きます。 とにかく子供と一緒に楽しみましょう!押しつけや他の子どもとの比較は絶対にしないようにしましょう。だから、私自身は低年齢で英検を受けたりするのは賛成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 19:38
酒井先生の講演会に参加してA
会場に入るとまだ30分前くらいだったのにほぼ満席状態。酒井先生にお会いするとうれしくて、Neneを連れて挨拶に行きました。Neneと一緒は初めてでしたが、Neneに「ORT好きなの?キッパーとフロッピーとどっちがすき?」とか話しかけたりしてくださいました。 あちらこちらで名古屋オフ会のお知り合いに出会い、挨拶したり雑談したりしているうちに講演が始まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 19:21
酒井先生の講演会に参加して@
先日の豊田市中央図書館で行われた酒井邦秀先生の講演会にNeneと参加してきました。 私は3年ほど前に酒井先生の快読100万語!ペーパーバックへの道を読んで英語に対する考え方がガラッと変わり、自分に足りなかったものが明確にわかりました。それ以来、多読にハマリ、絵本にハマリ、現在は多聴(映画や海外ドラマを字幕無しで観る)から英語とは趣味(楽しみ)として接しています。現在は自分の仕事や子供関連の行事でなかなかオフ会(多読図書について語り合う会)にも参加できませんが、この考え方(多読三原則を使って楽し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/31 18:57
2007年7月28日(土) 豊田市中央図書館 講演会のお知らせ
■「絵本からの多読−多読があなたの英語を変える」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/18 23:47
豊田市中央図書館で英文多読講座
豊田市中央図書館(豊田市駅前)に多読図書が約800冊新規に入ることを記念して、多読講座が開かれます。私も23日はお手伝いに行きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/17 10:24
5月の絵本
5月のテーマは「食べ物」 以下の2冊を幼児クラスのオススメ絵本にあげました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/24 22:20
この半年間でいちばんお気に入り絵本
これは大好き。このブログを書かなかった間でいちばんヒットの絵本です。 The Gruffalo's Child 同じ作者&イラストレーターの絵本ですが、味わいがまったく違います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/24 22:12
はまっているアメリカドラマ
ここ1年ほど多読はほとんど停滞中で、英語の勉強もENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル)を多聴するくらいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/21 22:34
お気に入り絵本『The Gruffalo's Child 』
グラファローは暗くて深い森のなかに足を踏み入れてはいけないんだよ、とグラファローのお父さんは言いきかせた。それなのに、ある風の強い嵐の夜、お父さんの忠告を無視してグラファローの子どもはこっそり雪の中へ。果たして、お父さんの言う大きな悪いネズミは本当にいるのだろうか? (amazon Book Descriptionより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/20 09:39
無事に帰ってきております!
予定通り24日には帰国しましたが、時差ボケと、2週間の現実逃避のしわ寄せと、日本の蒸し暑さのために、頭がぐるぐる回ってなかなか正気に戻れていない状態です。旅行記を書きたいと思っていますが、しばらく時間がかかりそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/28 20:12
映画『きみに読む物語』(WOWOW録画観賞)
とある療養施設で、記憶をなくした初老の女性に定期的に会いに来て、若い男女のラブストーリーを話してきかせる老人がいた。その物語は、1940年、ある夏に出会い恋に落ちたアリーとノアの物語。しかし身分の違いがふたりを引き裂き、アリーとノアは別々の人生を歩むことになるが…。(Amazon.co.jpより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/02 18:56
映画『世界で一番パパが好き』(WOWOW録画観賞)
マンハッタンで音楽業界のやり手パブリシストとして働くオリーは、最愛の恋 人と結婚し、幸福に満ちあふれていた。ところが、妻は出産と同時にこの世を 去ってしまう。悲しみに押しつぶされ、仕事で大失態を演じたオリーは、故郷 ニュージャージーへ戻り、父の家で暮らすことに。7年後、娘ガーティは、周 囲の愛情に包まれて愛らしい娘に育っていた。平凡だけどささやかな幸せ。美 しく魅力的な大学院生マヤとの久しぶりの胸ときめく出会い。だがオリーがもう一度NYでの人生を取り戻そうとした時、自分にとって本当に大切なも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/02 18:37
『Where Is the Green Sheep?』 Mem Fox, Judy Horacek
またまたお気に入り絵本を見つけました〜。 ほのぼのとしたイラストと笑いのツボを押さえたお話展開、また教室英語としても使えるポイント満載の絵本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/20 20:16
ホームスティ受け入れを振り返ってB
<文化の違いというよりは世代の違いを感じた> Kenとの10日間で感じたことは、「やはり若いな〜」ということ。アイダホでは食事はほとんどファーストフードだったとか、朝はスナック菓子で過ごしたとか、アニメとインターネットアディクトとか。。日本語ができればいい仕事がゲットできると期待して来た・・・とか。同じスタディツアーの中でお気に入りの女の子ができた話だとか。。アルコールは私たちが勧めるビール、日本酒、ワインは一切飲まず、ウォッカをフルーツジュースで割ったものしか飲めない。コーヒーは飲めず、コー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/14 22:59
絵本読んで英語ペラペラ -朝日新聞 日曜版
今日の朝日新聞の日曜版からです。 外国人力士が自然に日本語を習得する話から始まって、なんと!「絵本読んで英語ペラペラ」というタイトルのところで、酒井先生も登場してしておりました。電気通信大学の学生が「英米の幼児向けの絵本を読んでいた。」「辞書は引かせない。日本語に置き換えずに、英語のまま理解させる。次第に難易度を上げ、1万語あたりからペーパーバックの小説が読めるようになる」とあります。「1万語」ではなく、「100万語」の間違いだと思いますが。。。(^_^;) 反対意見として、「大人になると対... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/28 20:51
Helen Hirokoさんの英語絵本ワークショップに参加して
とてもよかったです。 まだ、埼玉や京都でも同じ内容のWSをされるそうなので、詳しい内容は書けませんが、とにかくあっという間の2時間半でした。 レッスンプランの中で絵本をどう使うかということでなく、絵本が主体で絵本の魅力をどうやってうまく伝えるかということだと私は解釈しました。 Helenさんの絵本への愛情が感じられ、同じように絵本を愛するものとしてとてもうれしかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/21 22:09
映画(DVD観賞)『キューティ・ブロンド』
一途なブロンド美女の恋と仕事の奮闘記を描くラブコメディ。政治家志望の恋人から「議員の妻にキミは相応しくない」と別れ話をされたエル。彼の心を取り戻すため、彼女の奮闘が始まる。(amazon.co.jp) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/20 23:06
『Small Steps』Louis Sachar
総語数:48074 YL:6 ようやく読めました!出だしは良かったのですが、途中からまったく読めない時期に入ってしまい、この本はずっと放置されていました。久しぶりのSacharで、絵本しか読めていなかったので長編読み切れただけでも大満足です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/18 22:23
我が家での「プチ読書会」無事終了!
今日は我が家でママ友4人とプチ読書会をしました。 始めに多読3原則や多読の効果などをお話しして、その後、約50分くらいORTを黙々と読んでいただきました。みなさん、Stage1から始めたので、Stage4くらいまでしか読めませんでしたが、かなり良い印象だったらしく、もっと読みたい〜と言ってくれました。最後は私のお気に入りの絵本を数冊読んで、英語に関する雑談に花が咲きました。 英語の絵本と聞いて、もっと難しいと想像していた方も多く、ORTはたいへん気に入っていただけたようです。お決まりのメガネ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/05/17 20:53
映画(WOWOW録画観賞)『キューティ・ブロンド 2/ハッピーMAX』
リース・ウィザースプーン主演によるラブコメディの続編。弁護士になったエルは、愛犬の母犬が大手化粧品会社で動物実験されていることを知ってしまい、動物実験禁止を掲げ戦うことに。(amazon.co.jpより) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/05/11 19:23
名古屋多読授業報告研究会に参加して
23(日)に多読学会の主催する名古屋多読授業報告研究会(あれ、正式名称これでよかったかしら?)に参加しました。児童英語教室、中高生の塾、大学、高専での実践報告でした。多読の効果を再認識するとともに、先生方の多読への熱意を間近で感じて、ぜひ私も自分のできる範囲で、身近な人に多読を紹介したいという気持ちになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/04/27 21:34
『Gooney Bird Greene 』Lois Lowry
総語数:13500 YL:3.5 Number the StarsのLois Lowryの薄めの本ということで、興味深くて読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/25 22:44
映画『プロデューサーズ』
映画館でこんなに笑ってもいいのかしら?と思ってしまうほど大笑いし続けてしまいました!!楽しかったです。とにかく笑いたい人、パッと気分を晴らしたい人にお薦めの映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/04/21 23:34
『Green Eyes』
総語数:477 YL:1 Green Eyesという名前の猫のお話。その名の通り緑色の目をした白ねこちゃん。 青い空しか見えなかった箱の中から外へ出ようと、毎日毎日挑戦して、やっとのことで外へ出られた子猫ちゃんは自然の様々なものと巡り会い、四季を感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/19 22:35
『Sylvester and the Magic Pebble』
総語数:1600 YL:3 これ、最高!!もう、だから絵本っていいですよ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/17 23:55
『Mouse Soup』 Arnold Lobel
総語数:1350 YL:1.5 イタチに捕まってしまったネズミが食べられないように、イタチを説得します。「美味しく食べるにはお話が必要よ」と。そしてネズミが4つのお話をして・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/10 20:56
『The Gardener』 Sarah Stewart
総語数:1500 YL:2.5 こんな絵本に出会ってしまうから、やっぱり絵本大量買い込み(スカラスティック・ブッククラブ)はやめられません!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/09 21:02
『Hare and Rabbit Friends Forever』Scholastic Reader
総語数:1400 YL:1.5 Poppeltonと似たイメージの癒し系。友情がテーマで、ほのぼのできます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/07 22:07
『Titch』 Pat Hutchins
Rosie's WalkのPat Hutchens作品。Rosie's Walk同様、ラストで「うまいっ」と思わずにはいられないお話です。子供の表情がよくて、子供の心理の痛いところをついているなと感心しきりです。大人が読んでも楽しめるお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/06 22:52
『Poppleton』『Poppleton and Friends』 Cynthia Rylant
それぞれYL:1.0 総語数:810 これ、癒し本に最適です。Cynthia RylantさんのSSSでは有名なシリーズでいつかは読みたいと思っていて、ようやく読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 21:58
『Judy Moody Declares Independence』
総語数:11001 YL:3.5 Judy Moodyシリーズ#6。私は#2と#3が好きなんですが、これらと同じくらい面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/16 20:58
BSC #14 『Hello. Mallory』
総語数:23,851 YL:4.5 久しぶりのBaby-Sitters Clubシリーズでしたが、やっぱりサクサク読み進めていいです、このシリーズ。このレベルの割には内容は深く意味深いので大好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/12 23:41
『Cam Jansen And The Mystery Of The Circus Clown』
総語数:5601 YL:3 いつか読もうと思っていたこのシリーズ、ようやく読めました。 お話が5000語程度で一気に読み切れるのがいいです。会話も多く自然な英語にいっぱい触れられます。これくらいのレベルをたくさん読むのが「使える英語」への近道だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/07 22:12
『The Dragons of Blueland』
総語数:9900 YL:3.5 エルマーの冒険のシリーズ3作目。 これも面白かったです。1>3>2の順に好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/06 22:45
『The Eagle』 by Cynthia Rylant
総語数:4000 YL:3.5 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/01 20:57
『Elmer and the Dragon』
総語数:8000 YL:3.5 前作でWild Islandから助け出したDragonに乗り、家に帰る途中だったElmerはカナリア達の住む場所に降りたち、そこのカナリアは・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/27 23:51
『Because of Winn-Dixie』
総語数:24000 YL:3.5 10歳のOpalはフロリダの町に牧師の父と共に引っ越してくる。ある日、たまたまスーパーで1匹の犬と出会い・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/24 20:46
『We're Going on a Bear Hunt』
We're Going on a Bear HuntのCDです。 これ最高です!!今まで子供達には私が読み聞かせていましたが、来年度からの未就園児サークルのために購入してみました。早速、子供達に聞かせてみたら、臨場感のある音楽やセリフ回しに大喜びでした。これなら、多少セリフは長くても2.3歳児でも聞けそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/22 20:20
映画(WOWOW録画観賞)『トラフィック』
良くも悪くも余韻が残る、考えさせられる映画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/21 20:07
映画(WOWOW録画観賞)『Two Weeks Notice』
これもそんなに話題にならなかった?映画だと思うのですが、観てみたら面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/19 23:18
『My Father's Dragon』
総語数:7385 YL:3.5 最近は、映画やドラマが気になったり、来年度から立ち上げる親子英語サークル(2,3歳児)の準備で頭がいっぱいで、とうとう本格的な停滞期に入っていました。未就園児向けの超易しい絵本はた〜くさん読んではいたものの、3冊くらい平行して読みだしていた児童書はまったく読めないでいました。そこで、長いものはまとまった時間が取れなくて読み続けられないから、一気に読めるものをと発想転換。それで選んだのは長らくお借りしていたコレ。本当は子供の時に読んだと言っていた主人に読んでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/18 09:09
グレイズ・アナトミー恋の解剖学(WOWOWアメリカドラマ)
シアトルのグレース病院で外科研修医として働く女性メレディスが主人公のお話。外科医としての過酷な仕事ぶりとロマンス。以前は有名な外科医だった母が痴呆症で入院していたり、ロマンスの相手が指導医だったり、となかなか悩みは尽きない・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/14 18:50
映画(WOWOW録画観賞)『ガタカ』
これはそれほど有名になった映画ではなかったと思うのですが・・・、私の好きなジュード・ローとユマ・サーマンが出ているし、何気なく見始めたら、面白い!!音楽もピアノ・レッスンで有名なマイケル・ナイマン。やっぱりステキです。映画は音楽を聴くためにあるのかと思ってしまうほど、どちらが引き立て役かわからなくなってしまうほど、美しくせつない旋律の数々。やられました。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/11 22:53
最近の子供達への読み聞かせ絵本
『Kisses』 Lisaがパパに「チュッして!」とお願いすると、パパはいろ〜んなキスをしてくれます。絵本のようにいろんなキスをしてみて子どもたちと遊びました。最後のセリフは「眠くなる眠くなる・・」というようなおまじないみたいなもので面白かった。これから使おうっと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/09 22:38
Brand New Readers Orange Set , Red Set
Brand New Readers: Orange Set (Reading Together) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/07 22:12
『Kitten's First Full Moon』
コルデコット賞受賞作。可愛らしい絵とお話。お話を読むのではなく、絵を見ながら展開を楽しむ、絵本らしい魅力に溢れています。すぐに子供達のお気に入りとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 20:46
『Prince Caspian』(ナルニア国物語#4)
総語数: 44,740 YL:7 うわー、ひさびさの多読記録。最近はまったく読めない日も増えてきたので、これ、楽しんで読んでいたのにけっこう時間がかかってしまいました!(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/27 23:51
『Katy and the Big Snow』 Virginia Lee Burton
働き者の除雪車ケイティのお話。 普段は道路の舗装をしているけいケイティだが、大雪が降ると除雪車に。 あたり一面真っ白になり、車も人も道を通れなくなり、街の機能を失ったその時、除雪車のケイティが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/11 22:46
The Lion, the Witch and the Wardrobe(ナルニア#2)
総語数:36135 YL:7 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/08 23:30
『When Sophie Gets Angry - Really, Really Angry 』
またまた素敵な絵本発見!!これは本当に絵の魅力に溢れています。文章が無くてもいいくらい、絵が喜怒哀楽をうまく表しています。ステキ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/06 23:21
『Alvie Eats Soup』 Ross Collins
Alvie Eats Soup ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/05 00:22
『The View from Saturday』 E.L.Konigsburg
総語数:45000 YL:4.5 これが年明けの1冊になってしまいました。クリスマス前から読み始め、本当は年末に読み終わるはずだったのに、残り2ページほどを残して、大掃除→大晦日→お正月→帰省・・と全く読めないモードに突入してしまい、長い中断の後、ようやく最後まで読めました〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/04 00:02
Christamsまで読んできた絵本
今年のクリスマス絵本の中で、私の中ではコレがいちばんのヒットでした。やさしい動物達の絵、美しい文章。動物達の表情がとてもあたたかくていいです。人を思いやることの大切さ、プレゼントの意味を考えさせられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/25 22:47
『プライドと偏見』の試写会
ハリポタ#4の試写会応募とともに数多く出したプレミアのうち、これだけは当たったので、見に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2005/12/21 00:00
『Little House in the Big Woods』
総語数:35000 YL:4.5 テレビ化もされていた(私は観ていない)「大草原の小さな家」のシリーズ第一作目。 開拓時代の森の中での生活1年間を描いています。 頼もしいお父さんを軸に家族・親戚で協力しての自給自足?!の様子は、今の私たちにとって新鮮で、人間が自然の一部であることを実感させてくれました。特に、豚の解体からソーセージ作り。チーズやバター作りやメイプルシロップ採集などが興味深く読めました。 そして、厳しい生活の中での楽しみ。お父さんが寝る前にお話を聞かせてくれたり、バイオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/16 14:45
『Judy Moody Predicts the Future』
総語数:11000 YL:3.5 シリアルを食べてMood Ring(石の色が変わり、つけている人の気持ちを表す)が当たったJudyは大喜びで占い師気取り。いろいろと予言に挑戦しますが・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/09 23:30
『Seeing Double (Bratz Clued in)』
総語数:8000語くらい?YL:3.8くらいかな??? このBratzとはアメリカのティーンに大人気のファッションドール5人組・・らしいです。日本でいえばリカちゃん人形とその友達5人といった感じでしょうか?トイザラスで実物見ましたが、私の感覚だと「ちょっと恐い!」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/05 23:23
『Dogs Don't Tell Jokes』 Louis Sachar
総語数:32,407 YL:4.5 Someday Angeline でAngeline以外には誰にもジョークを笑ってもらえなかったGoonが主人公のお話。優勝すれば100ドルの賞金を手にすることができるタレントショーに出場することに決め、ジョークの研究を始めますが・・・。果たして無事に出場し、みんなを笑わせることができるのか?? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/02 21:45
『More Perfect Than The Moon 』
総語数:9148 YL:3 Sarah, Plain and Tall のシリーズの4作目。 ゆったりとした、爽やかな、あたたかい気持ちになれるシリーズ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/21 13:29
映画 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 先行上映を観に行って
この映画の試写会に行きたくて10枚ほどハガキを出したのですが、1枚も当たらず残念に思っているところに地元映画館で先行上映があると知り、即予約して子供が寝てからママ友とレイトショーで観てきました。 すごくよかったです!エンドロールが終わる頃まで、映画の世界から戻ってこられず、ぼーっとしていました。原作読んでも泣かなかったのに、ハリーの気持ちに入り込んで涙が出てきました。これは、普段映画館ではあまり観ない人にも、是非是非、大きな画面・音響のよい映画館で観ることをオススメします!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/11/20 01:44
『Good-bye Stacey, Good-bye』 Baby-Sitters Club #13
総語数:24673 YL:4 久しぶりのBSCシリーズ。長い間旅行に行っていて、懐かしい我が家に戻ってきたような気分です。やはりこのシリーズ大好き。読みやすい。楽しい。ハリポタ読書でかなり鍛えられたのか、以前よりもこのシリーズが簡単に思えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/18 22:21
『Otherwise Known as Sheila the Great』Judy Blume
総語数:25000 YL:4 いたずらっ子Fudgeくんシリーズ(Tales of a Fourth Grade Nothing、Superfudge既読)の番外編。Peterの同級生で同じマンションに住んでいるSheilaが主人公のお話。前2作と同じノリだけど、やはりFudgeくんとPeterが出てこないのはちょっとパワーダウンかな?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/14 23:57
『Charlotte's Web』
総語数:41000 YL:6.5  評判通り、とっても心あたたまるお話でした。100万語前から購入してあったのですが、表紙の可愛らしい絵の割には(当時の私には)難しそうで、未読本の山の中に埋もれていました。うさじろうさんのブログやtaneさんのブログでこの本のレビューを見て、ハリポタ#4の途中から読みたかったのが、やっと読めました。いい話でした〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/10 08:47
『Stink: The Incredible Shrinking Kid』
総語数:4973 YL:2〜3 Judy Moodyのとぼけた弟Stinkが主人公のお話。 本編でも癒しキャラ、いい味だしていまたが、ここではもっとボケ度がパワーアップした感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/07 10:26
『Harry Potter and the Goblet of Fire 』
総語数:190,637語 YL:9.5 1ヶ月以上かかって、やっと読み終わりました。昨日、一昨日の2晩はここ1ヶ月でもっとも読書の楽しみを味わえました。今まで小出しにでてきた数々の謎が明らかになり、予想できなかったサプライズや疑問解決と納得。「ええっ、そうだったのね・・・!!」と。ただ、読み終わった今はまた新たな謎の数々にひとり思いにふけり・・・。やはり5巻、6巻と読み進むしかないのか?!といった気持ちで、いまいちスッキリとはいきません。7巻まで読み終わらないと、本当の読後の満足感は得られ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/11/04 22:18
映画 チャーリーとチョコレート工場を観て
チャーリーとチョコレート工場 100万語前に読んだ原作Charlie and the Chocolate Factoryはとっても面白く、ダールの軽快な文体と独特の世界が大好きで、ジョニー・デップもティム・バートンも好きな方なので、かなり期待して観に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/29 22:25
TOEICの結果届きました!
9/25に受けたTOEICの結果が届いていました。 今回は多少は問題集もやったりして多読以外のこともやり、受けた後の手応えもものすごく良かったので、これは「目標の900点にかなり近いところまでいったのでは?!」と密かに期待してしまっていましたが・・・。そんなに現実は甘くなかった。。。(^_^;) ネットはどんな人が見ているかわからないし、どういうふうに解釈されるかわからないというのもある。点数を出すのは目標点を超えてからにしようと思っていましたが、(いつになるかわからないし・・)誰かの何かの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/25 10:19
お気に入り絵本達
ハリポタ#4はゆっくりゆっくり読み進み、ようやく3分の1ちょっとくらい。今月中に読めるかしら??(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/15 11:13
ORT Stage9 More Stories
YL:1  総語数(6冊で):7800語 The Blue Eye 青いビー玉1個から始まるアドベンチャー。プリンセスAishaのキャラがいいです。 Rescue! 今度はシャボン玉から始まるアドベンチャー。プリンセスAisha、また登場。急流下り楽しそう!? Dutch Adventure エダムチーズからオランダへアドベンチャー。Dadだけは納得できないまま終わります。 The Finest In The Land Kipperの誕生日会で演奏しようとBiffやChipたちが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 22:47
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
総語数:107,253語 YL:9.5 はふぅ、とうとう読み終わりました〜! 多読を始めて以来、最多語数で、最長日数かけて読みました。 そして、最高に面白かったです!!今は充実感でいっぱいで、まだ余韻にひたっています。 #1よりも#2よりも好きになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/26 23:29
TOEIC受験してきました
多読を始めて1年がたち、ほぼ毎日30分〜1時間は読書する習慣がつき、どれだけ英語力に変化があるか知りたかったので、今回の分を申し込んでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/25 22:11
ORT Stage9 その2
The Quest 総語数:1400 YL:1(以下の2つも同様) fWilmaが主役。お話を書いていたら、Biffがいない間にMagic Adventureの中へ。自分が書いていたお話の世界に入り、Wilmaは大活躍で・・・。 私、このお話でQuestの意味がよく理解できました。また、ハリポタ#2に出てきたBasiliskも出てきてちょっとうれしかった。こういう話の基礎があって、ハリポタのようなお話が楽しめるのでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/22 21:55
ORT Stage 9
Green Island 総語数:1500, YL:1 BiffやChipたちのクラスは臨海学校へ行きます。産業油にまみれたカモメを発見して助け、産業廃棄物を捨てている人たちを発見し・・・。環境問題に関心がもてるような内容になっています。オチもうまくて面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/17 23:17
『The Illustrated Mum』 Jacqueline Wilson
総語数:71,000 YL:5.5 高専の図書館でお借りしていたので、期限までに読まねばとハリポタ#3を中断して、軽い気持ちで読み始めたのですが・・・。とても重い話で簡単には読み進められず、しかも子供の心配事など私自身の家族の問題もあり読む時間が取れなかったことも重なって8日間もかかってしまいました。でも、読み終わってみて語数を確認したら、7万語とは!結構長かったのね。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/08 22:21
子供達に読み聞かせている絵本(8,9月)
最近はORTが読みごたえのあるレベルまできてしまったので、あまり他の絵本が読めていません。8月と9月も同じようなものの中からローテーションして読んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/06 08:44
Amelia Bedeliaシリーズ2冊
総語数:1000,1300 YL:2.5 子供に付き合って連日のお出かけや来客で、本が読めません。そんな時はせめて簡単なものを。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/28 08:37
『The Little House』 Virginia Lee Burton
総語数:1500 YL:2.5 久しぶりのなごみ絵本。図書館で素敵な絵本に出会えました。 「むかしむかし、素敵なちいさなおうちがあり・・・」おうちの周りが激変してゆく様子を描いています。 絵に表情があり、文章にも表情があり、本が全身でメッセージを出しています。こんな絵本初めて!読み終わって心がぽっと温かくなりました。しばらく幸せな気分でいられそうな力を持った絵本です。 かよこさんのブログでも紹介されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/24 21:25
ORT Stage 8 More Stories
久しぶりに自分自身のために読んだORT。子供達の読み聞かせはStage7を行ったり来たりしていますが、自分自身の読みはStage8のStoriesを読んだまま半年近く止まっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/19 20:55
『Harry Potter and the Chamber of Secrets』
総語数:85,141 YL:9.5 Harry Potter第2巻、読み終わりました〜。 正直言って、前半はイマイチ乗り切れず、朗読カセットの名演技に助けられて何とか読んでいたという感じでした。ところが、中盤以降、特に13章からは急加速で面白くなり、いろんな事象が気になって目が離せない展開でした。行き先の見えないジェットコースターに乗っているような感じで、ハラハラドキドキで睡眠不足になりながら読みました。1巻にも2巻の伏線があり、2巻に入ってからも何気なく出てきたことが、最後につながって... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/16 00:15
Harry Potterと朗読テープ(CD)
アルクの激安セールでハリポタの#1と#2の朗読カセットテープをゲットしました。 各1,000円だったので、気軽に購入を決めたのですが、予想以上に良くてビックリしています。 朗読のJim Dale氏は人物によって声色・イントネーション・セリフのテンポを変え、まるで一人芝居を聴いているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/10 20:03
Captain Underpants #3,#4
総語数:5800 YL:4.5 総語数:6400 YL:4.5 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/03 20:55
『Harry Potter and the Sorcerers Stone 』
総語数:76944語 YL:9.5(6〜7?) 多読前に子供が読む本だから楽に読めるかと本屋で立ち読みして、「こりゃダメだ」と思ったハリポタ。多読を始めて100万語超えてから、ちらっと読み始めてみても語数の多さにクラクラしてしまったハリポタ。子供の夏休み始まったばかりのバタバタと重なったため1週間以上かかってしまいましたが、つ、ついに読めました〜!パチパチ!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/29 01:34
Harold and the Purple Crayon シリーズ
Harold and the Purple Crayon: The Giant Garden (Festival Readers) Harold and the Purple Crayon: The Birthday Present (Festival Readers) Harold and the Purple Crayon: Animals,Animals,Animals (Festival Readers) Harold and the Purple Crayon: Under ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/25 09:15
子供に読み聞かせている絵本(7月)
Neneの幼稚園も夏休みに入りました。今月はいつもに増して絵本が活躍しそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/21 11:42
『Someday Angeline 』 Louis Sachar
総語数:27,555語 YL:4.5 やはりSacharさんのセンス、大好きです。お話全体を流れるジョーク(笑い)とせつなさ(泣き)の見事な調和。これはたまりません。特にこの話はジョークが多かったせいか、せつなさが際立っていて、胸がきゅうーんとなる場面がたくさんありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/18 14:38
『Picture for Harold's Room 』
総語数:550 YL:0.5 こんな絵本に出会えるから、やっぱり子供の絵本読みはやめられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/15 00:18
『Dustbin Baby』 Jacqueline Wilson
総語数:38000 YL: 5.5 Matildaに続いて、多読を始めた頃から読みたかった本が読めました!SSSの書評や掲示板や名古屋オフでもとにかく多くの人が推薦していたJacqueline Wilsonの名作。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/12 12:36
『Great Expectations』 OBW5
Great Expectations (Oxford Bookworms Library) 総語数22000 YL:4.5 久しぶりのGRでした。やはりディケンズは面白い! 読み始めはとっつきにくかったです。なぜだろう?登場人物が多く、話の展開も速く、ぼっーっと読んでいたらわからないことも出てきて、読み返したりしているうちに、お話の中に引き込まれてゆきました。それからは、主人公の心の動きが面白くて、複雑に絡み合う人の関係も興味深く、熱中して最後まで読めました。これはオススメです! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/07/06 09:52
語彙力強化
8月で多読を始めて1年になるので、力試しに9月末TOEIC、10月に英検1級を受けてみようかと検討しています。そこで、先週は読書の時間を削ってTOEICの模試と英検1級の過去問をやってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/03 13:00
『Matilda』 Roald Dahl
総語数:39785 YL:6.5 SSS多読を始めたばかりの頃にいろんなところでお薦めされていて、「いつか読みたいMatilda」だったのが、ようやくこのレベルを読むようになってきたので読むことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/02 22:30
『The Wedding』 Nicholas Sparks
総語数:83,000語 YL:6.5 ふうっ、やっと読み終わりました。途中、何度か中断して違う本を数冊読んでいますが、読み始めから2週間かかってしまいました。といっても、進まなかったのは前半の100ページほどで、後半は3日で熱中して読みました。読み終わってみて、ひとこと、「長かったけどまた最初から読み直した〜い!!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/27 21:15
子供達に読み聞かせている絵本(6月)
ORT Stage6 12冊の中から毎日1〜2冊寝る前に読んでいます。 恐竜がでてくるLand of Dinosaursと、おばけのお話A Fright in the Nightが特にお気に入り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/26 20:58
Invisible INC.シリーズ #2〜#5
総語数:3500程度 YL:2.5 名古屋オフ会でめだかさんからお借りしてきて、一気に4冊読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/23 10:40
『Watch Your Whiskers, Stilton! (Geronimo Stilton)』
総語数:8422 YL:3.8? ねずみくん新聞編集長Geronimo Stiltonのシリーズの#17。 いきなりこれから読みましたが、楽しめました。#1はLost Treasure of the Emerald Eye (Geronimo Stilton) です。以前のオフ会で話題になっていて、スカラのブッククラブで見つけて即 購入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/21 00:21
『Love That Dog』 Sharon Creech
総語数:3900 YL:3.5 表紙が可愛くて、ずっと気になっていたのですが、お借りしてようやく読めました。 英詩に親しむためにとてもわかりやすくてよい1冊でした。じみじみ。ほのぼの。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/16 21:38
『A Matter of Chance』 CER4
総語数:17830 YL:4.5 久しぶりのGRでした。 冒頭の意味深な記述から完全に引きつけられ、ハラハラドキドキさせる展開で、特に後半はどうなるのか気になって一気に読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/11 22:30
『The Stories Julian Tells』
総語数:6006 YL:2.7 これ、ほのぼの系ですごくいいです! 前に読んだZack Filesと読みやすさレベルは同じくらいなのに、テイストがまったく違ってギャップが大きかったです。どちらの個性もス・キ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/09 06:46
『Dr. Jekyll, Orthodontist』 Zack Files #5
総語数:5200 YL:2.4  Zack Filesの5作目。 またまたZackのまわりで不可思議なコトが起きます。5,000語程度でスッキリと読み切れる独特の笑いがたまりませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/08 19:57
『Claudia and the New Girl』 BSC #12
Claudia and the New Girl (Baby-Sitters Club, 12) 総語数:25445 YL:4.5 久しぶりのBSC。たまにこれに戻ってくると妙に安心して、落ち着いて読めます。 適度にハラハラドキドキがあり、じーんとさせられる点もあり、やはりやめられないシリーズです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/07 14:08
『Superfudge』 Judy Blume
総語数:33000 YL:3.8 いたずらっ子Fudgeくんシリーズ、Tales of a Fourth Grade Nothingに続く第2作目。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/04 16:45
『Captain Underpants and the Attack of the Talking』
総語数:6100 YL:4.5 Captain Underpantsシリーズの2作目。1作目ほどの衝撃?!はなかったけど、楽しく読めました。気晴らしにはいい!思いっきり笑えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/30 06:20
『The Notebook』 Nicholas Sparks
The Notebook 総語数:51,000 YL:6.3 これはよかったです〜。Nicholas Sparksの処女作。私にとってはWalk To Rememberに続いて2作目でした。Walk...を読んだときは文章の美しさや表現方法はなかなか気に入ったのですが、お話の内容自体がイマイチ好きになれず(お話の切り札的に使われている事象が・・・)、ちょっと冷めて読んでしまい泣けなかったのですが、これは思いっきり泣けました。中盤以降からずっと感動しっぱなしで、ウルウルでした。お話の構成も見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/28 22:51
『The Witches』 Roald Dahl
総語数:36,547語 YL:6.5 両親を交通事故で亡くした少年がおばあちゃんと行動をともにすることになり、魔女がどんなものが詳しく話を聞きます。そして、実際に出会うことになり・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/24 11:55
週末観た映画 『白いカラス』
人種差別発言で辞職に追い込まれた元教授が悩みを抱えて田舎にこもっている作家と知り合う。やがて、元教授は若い掃除婦と恋に落ちるが・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/24 09:18
『Flat Stanley』
朝、目覚めると大きなbulletin boardが上から落ちてきて、Stanleyはぺちゃんこになってしまった。ぺちゃんこだと便利なこともいろいろあり、大活躍しますが・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/17 00:47
『A Walk To Remember』 Nicholas Sparks
総語数:52,000 YL:6.4 多読を始めて以来、はじめて大人向けペーパーバックを読みました。これが200万語通過本になりました。 読み始めは、何だか読みにくかったです。『Holes』の方が数倍読みやすいぞ〜と思いながら。。。SSSの書評や掲示板にも何人かの方が「1章は読みにくい」と言っていたので、それを信じてテキトーに読み飛ばしていると、やはり2章以降は話が具体的になってきて、読みやすかったです。高校生同士の会話が多く、中盤以降はレベル4くらいの感覚で読めます。やはりみなさんが言っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/05/14 08:11
『Zap ! I'm a Mind Reader』Zack Files#4
電気ショックをきっかけに人の心が読めるようになった?? テストの答えがわかったり便利なこともあるけど、変な声は聞きたくないよ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/09 21:52
『The Boy Who Lost His Face』 Louis Sachar
総語数:39,273語 YL:5.5 またまたお借りして読んだSacharさん。文句なしで面白かったです。 Holes (Yearling Newbery)の伏線の面白さとThere's a Boy in the Girls' BathroomやMarvin Redpostシリーズの巧みな少年心理の描写の両方が楽しめました。Sacharさん独特のこっけいな笑いやしゃれのきいた笑いと、ホロリ・じーんとさせる感動 の両立も見事でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/06 21:50
昨夜観た映画『コールドマウンテン』
アカデミー賞6部門ノミネートもうなずける、素晴らしい映画でした。観終わった後に余韻が残り、いろいろ考えめぐらせたい気分になれた、映画を観る面白さを実感させてくれる作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/02 11:04
『David Copperfield』 Oxford Bookworms Stage 5
総語数:21,000語 YL:4.5 久しぶりのGRでしたが、眠くもならず?!波瀾万丈の主人公がどうなるのかドキドキしながら楽しんで最後まで読めました。わからない単語がないとこんなにも楽に読めるのか?レベル4〜6の児童書で鍛えられたからか、このお話が特に読みやすいのか、他にほとんどGRを読んでいないのでどちらかわかりませんが、いずれにしてもすごく楽に読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/30 22:28
『Johnny's in the Basement 』 Louis Sachar
やはりサッカーさん、最高!いいです、このお話。Holesなどのドキドキするような展開はないお話ですが、淡々とした中に、微妙なボケやじわっ〜っとしみこんでくるような感動があり、このどこにでもいそうな男の子の主人公が愛おしくてたまらなくなるのは、彼の他の作品と同じでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/27 00:41
『Stargirl』Jerry Spinelle
総語数:41379 YL:6.5 多読を始めて以来、高校生向けを読んだのは初めてでしたが、新鮮な感動!の連続でした。とにかく読む手?目?が止まらなくて、どんどん読みたいという気分にさせてくれた1冊でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/24 23:23
『Kristy and the Snobs 』BSC #11
母親の再婚で高級住宅地に引っ越したKristyにまつわるお話。 スノッブたちをベビーシッターすることになり、手を焼きます。この地区でずっとベビーシッターをしてきたというShannonはKristyをよく思わないので、とんでもないことをして困らせます・・・。 そして、Kristy達の飼い犬Louieも高齢のため調子が悪くなり、最後には・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/23 10:04
『The Little Prince』
おなじみの『星の王子さま』の英語訳。昔、フランス語の原書で読もうとして挫折した経験がある本でしたが・・・。(^_^;)中学生の時に日本語で読んだときは雰囲気や設定のみに面白さを感じて、本当の意味を理解していなかったんだ・・ということが今回英語訳を読んでわかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/21 00:46
『Tales of a Fourth Grade Nothing』
これ面白かったです〜。といっても、花粉症で(正確には薬の副作用で)絶不調の中で読んだので、24,000語程度のお話に5晩もかかっていますが・・・。(^_^;) でも、こんな楽しい話でなければ、この不調の時期に少しずつでも読むのは無理だったと思います。コレに出会えてよかった!このシリーズぜひまた読みたいです! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/04/18 23:42
『Logan Likes Mary Anne! 』BSC #10
今回は大好きなMary Anneが主人公。私自身の中高生の時と重なる部分が多いキャラクターなので、感情移入もしやすく、他のメンバーよりもぐっと読みやすいし、楽しんで読めているような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/13 21:52
子供達に読み聞かせている絵本(4月)
アヒルちゃん達がかくれんぼ。お母さんが鬼で、5人の子供達がかくれます。Little quackはとっておきの場所を見つけ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/09 09:06
『The Lucky Lottery』 A to Z Mysteries
雪遊びをしているとDink,Josh,Ruth Roseの3人はLucky O'Learyの姉弟からすぐに家に来て欲しいというLuckyからのメッセージを受け取る。すぐに駆けつけてみると、Luckyは宝くじの当たり券の入ったクリスマスカードが何者かに盗まれたという。これはLuckyのおじいさんからの恒例のクリスマスプレゼントだった。いったい、誰が?どうやって?盗んだのか?3人の調査が始まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/09 07:49
『Earthquake in the Early Morning』MTH #24
4つ目の書き物を探しに1906年の大地震が起こる直前のサンフランシスコへ。地震に巻き込まれ、恐い体験をします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/07 13:05
『Twister on Tuesday』 MTH #23
書き物を探しに行く3話目はカンザスのプレーリーへ。 無事にSomething to learnを持ち帰れるでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/06 09:07
『The Ghost at Dawn's House』 BSC #9
今回はDawnが主人公。ミステリー仕立てでちょっといつもと趣向が違いましたが、楽しく読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/04 23:58
『Horrible Harry Goes to Sea』
すごく安かったので試しに購入してみた本。 薄かったので、短時間で気楽に読めるかと読み始めたのですが、う〜ん、ちょっと・・・・。 正直言ってあまり楽しめませんでした。ブログに載せるのも止めようかと思いましたが、あまり楽しめなかった本の例として。。お薦めしない本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/02 00:36
American Revolution(MTH Research Guide)
『Revolutionary War on Wednesday』のリサーチガイド。 イギリスの植民地だった頃の生活の様子から、独立戦争勃発に至るまでの経過、独立宣言、終戦まで詳しく書かれています。イラストも豊富でわかりやすい。今まで読んだリサーチガイドの中ではいちばん面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/01 00:56
Magic Tree House #21,#22
『Civil War on Sunday』 Camelotを救うために4つの特別な書き物を見つけだすシリーズの1話目。 兄妹は南北戦争の戦場へ。戦争の悲惨な状況を目の当たりにします。後に赤十字社を創立した戦場の看護婦Clare Bartonに出会います。無事に一つ目の書き物「Something to Follow」を手に入れます。戦場で出会ったdrumer boyと不思議な結びつきがあり、なかなか読みごたえがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/30 22:49
『Double Act』 Jacqueline Wilson
総語数:34,000語(概算) YL:5.5  10歳のRubyとGarnetは双子の姉妹。何でもやることなすこと同じで、一緒に行動しています。 特に3年前にお母さんが亡くなったあとは2人で悲しみを共有して乗り越えてきました。ところが、性格は全く正反対、Rubyは活発でおもしろい、Garnetは思慮深くて恥ずかしがりや。お父さんにガールフレンドができて、仕事を辞めて田舎で本屋をやることになったときから、双子の調和も狂いはじめます。いつまで「2人いつもいっしょ」が続くのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/29 16:50
今夜観た映画『キング・アーサー』
面白かったです。初めは登場人物や設定がのみ込めず苦労しましたが、途中からぐいぐい引き込まれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/26 23:50
『Boy-Crazy Stacey』BSC #8
今回の主役はちょっとおませなニューヨーク出身のStacey。BSCのお得意さまのPike家が夏休みにSea Cityでバカンスを楽しむことになり、子供8人のシッターの面倒を見るためにStaceyとMary Anneが同行することに。おしゃれが大好きで、男の子も大好きなStaceyとは対照的な真面目で子供っぽいMary Anne。Staceyはバカンス・シッターにワクワクしながらもMary Anneと2人なのがちょっと不安です。果たして、2人は子供達をうまくシッターできるのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/24 21:41
『Henry and Mudge and the Happy Cat』 
Cobble Street Cousins シリーズの作者Cynthia Rylantの別のシリーズ。Cobble・・よりも易しめで、絵本と呼んでもいい?くらいの、とても気楽に読めるシリーズです。Henryと犬のMudgeの心あたたまるお話で、大好きになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/22 22:52
『Holes』
Louis Sachar   語数:46,932 YL:6.5 評判どおり、とても面白かったです!!今までいちばん長いお話でしたが、夢中になって3晩で読みました。こんな本ばかりなら、楽しく何百万語でも読めそう!と思わせるお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2005/03/21 21:58
『Alice's Adventures in Wonderland』
↑私が読んだPBとは表紙が違いますが・・・。 ずっと前にお借りして、「返却はいつでもいいです」というお言葉に甘えてずっ〜っと読んでいなかったのですが、ようやく読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/03/19 00:39
子供達に読み聞かせている絵本(3月)
『The Valentine Bears』でとても気に入ったJan Brettのイラスト&作。絵がきれいなのはもちろん、お話も可愛らしくて良かった。動物好きな人には超お薦め!  洗濯物干しから落ちた靴下に興味本位で入ってみたら抜け出せなくなってしまったハリネズミくん。頭に靴下をかぶったまま歩いていると、いろんな動物に出会い、変な格好だとバカにされます。でも、いいんだ、あったかいから。そう言うと、それを聞いた動物たちは何かを探しに行き・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/17 21:52
『Claudia and Mean Janine 』BSC #7
今回の主役はおしゃれでアートが大好きな日系人のClaudia。BSCのメンバーもみんな大好きなおばあちゃんのMimiが脳卒中で倒れます。その中でClaudiaとまったく正反対の性格のJannineとの対立から歩み寄り?への過程が描かれています。またClaudiaの家庭内での出来事と同時進行して、BSCの新しい試みPlay Group(複数の子供達を午前中一ヶ所に集めて、メンバー全員でシッターする)を始めるというエピソードも盛り込まれていて、KristyのStepsisterになったKar... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/17 09:41
『And the Winner is...』Full House Sisters
Stephanieは新しくできたショッピングモールで開催される「姉妹モデルコンテスト」にMichelleとエントリーします。ただ、問題はMichelle側に。。Stephanieの誕生日プレゼントに高価なブレスレットをあげるために内緒のバイトを決めたばかりでした。バイト先も同じモール内だけど、モデルコンテストのレッスンの時間とバイトの時間は重なっています。さあ、どうするMichelle!? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/15 09:14
『Kristy's Big Day』BSC #6
とうとう、Kristyのママが再婚することに。いろいろな都合から日程が早まり、結婚式まで2週間ちょっとしかないからたいへん!それまでに引っ越しの準備をして、結婚式のさまざまな準備をして・・・とママはすごく忙しそう。Kristyはbridesmaidをやることになり大はしゃぎ!ただ、結婚式前の1週間、結婚式を手伝う人の子供達、合計14人をBaby-Sitters Clubで面倒見ることになり・・・・。14人も大丈夫なの?! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/12 22:46
アメリカから無事届きました!
Baby-Sitters Clubシリーズは8割が絶版のようで、100冊以上ある中で普通にamazon.co.jpなど新品が手に入るのは初めのの数巻と終わりの方の巻だけです。真ん中は古本を探すしかないのですが、amazonのマーケットプレイスでは1冊5,000円とかとんでもない値段だし、amazon.comのマーケットプレイスでは1冊0.1ドルでも送料が1冊ごとに9ドルかかるし・・で、どうやって手に入れるか途方にくれていました。そんな時、SSSの掲示板でネット古書店が話題になっていた過去ログを教... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/10 21:05
『One Boss Too Many』 Full House Sisters
MichelleとStephanieは同じキャンプに参加します。Stephanieはカウンセラーのトレーニングプログラムとして参加しますが、Michelleのいるグループのカウンセラーになります。妹と一緒は嫌だけど、かっこいいチーフカウンセラーのCalに良いところを見せようと快く引き受けます。Stephanieには上級カウンセラーのParkerがいろいろ助言してくれ、Calに気に入られようとしてParkerの教えを忠実に守ろうとします。しかし、そのしわ寄せはグループのMichelle達の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/10 13:12
『Two on the Town』 Full House Sisters
Full Houseのミッシェルととステファニーが語り手の姉妹シリーズ。 ミッシェルのシリーズ同じで日常会話が多く読みやすい。ミッシェルシリーズは10,000語程度で、こちらは倍以上の20,000語強。購入価格はほぼ同じなので、こちらを購入した方がお買い得感があるかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/09 09:30
月刊誌『アクティブイングリッシュ』で多読の特集!
「英語の総合力を上げるための方法」として、特集されているようです。 『アクティブイングリッシュ』付録で多読手帳がついているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2005/03/08 08:52
『Camp Hide-A-Pet 』Full House Michelle
Michelleは家族やクラスメイトと離れて、1週間のキャンプ合宿にでかけます。 モルモットのSunnyを友達のLeeに預けるつもりでしたが、ギリギリになって都合が悪くなってしまいます。もう今さら、誰にも頼めないし・・どうしよう?とうとうSunnyを連れてキャンプに参加することに・・・。 もちろん、キャンプにペットを連れてくることは禁止。さあ、バレないようにできるのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/08 08:26
『Is This Funny, or What?』Full House Michelle
クラスでコメディの劇をやることになり、MichelleはRachelに対抗して何としてでも重要な役をもらおうとがんばります。努力のかいあってか?主役に抜擢されますが、いじわるなRachelと舞台が上手くいくかどうか賭をすることに・・・。Michelleはプレッシャーでいっぱいになります。果たして、みんなを笑わせることができるのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/07 09:25
『James and the Giant Peach』 Ronald Dahl
総語数:概算30,000語 YL:5.5 3/5読了。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/04 00:48
『I, Robot』 OBW5
I, Robot (Oxford Bookworms Library) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/03 00:30
『Faith And The Electric Dogs』 Patrick Jennings
総語数:22,303 YL:5くらい? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/01 00:19
『Number the Stars』 Lois Lowry
お借りして読みました。評判どおり、とてもよかったです。 字が小さく、最初は読みにくいかな〜と思いましたが、知らない単語はあったものの文章が短く お話の展開が速いので、後半以降は特に読みやすかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/26 21:55
『Roald Dahl's Revolting Rhymes』
こ・これは!!題名どおりとっても残酷なおとぎ話集です。お借りして読みました。 オリバーピッグくんの後に読んだので、ギャップがスゴイ!!子供には読み聞かせできません(^_^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/23 21:37
『Tales of Oliver Pig』
多読100万語通過記念にといただいた本。 通過報告でまりあさんからも 「育児ストレスが溜まったら絶対Oliver & Amanda Pig シリーズです。   和やかなぶたのお母さんには育児の知恵がいっぱい。肩の力が抜け   ますよ。そしてときには木に登っちゃう!」 と、とても素敵なお薦め言葉をいただき、絶対に読みたいと思っていたシリーズでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/22 20:58
『Pigs, Pies, and Plenty of Problems』
Michelleとパパは収穫祭での父子アップル・パイ焼きコンテストに出品するパイを焼いています。 このコンテストでは姉のStephanieもD.J.も優勝していて、Tanner家の一員として何としてでも 優勝しなくては!とMichelleは張り切っています。 そんなときにパパのいないところでうっかりできあがったパイをキッチンの床にぶちまけてしまい・・。 あーあ、明日はコンテストだというのにどうするMichelle!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/21 22:01
『Vicky Angel』 Jacqueline Wilson
チョコファクより長い38000語なので、多読を始めて以来いちばん長い話でした。 3晩に渡って読みました。とても読みごたえのある話でした。多読を始める前は 1日で読み終われないような長い話を読むのがすごく苦痛だったのですが、いつの間にか それはなくなっていました。そして、コレで初期にまとめて購入したJacqueline Wilsonのものは すべて読み終わりました。わーい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/21 09:09
『Dawn and the Impossible Three』 BSC #5
BSC #4で新しくBaby-Sitters Clubに仲間入りしたDawnが語り手のお話。 カリフォルニアから引っ越してきた彼女だから分かるコネティカットとカリフォルニアとの 食べ物や気候や文化の違いが描かれていて、面白かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/18 13:31
『Adventures of Captain Underpants, The』
こんなに面白くて、気楽に楽しめる話だったとは。。もっと早く読めばよかった。。。 もっと子供向きの単なるドタバタ漫画だと思って、興味本位で購入していたものの読んでいませんでしたが、息抜きに最適!はまりそうです。絵は可愛いし、文章も独自の文体で面白い。まさに小悪魔のいたずらっ子2人が繰り広げるいたずらの数々は痛快です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/17 08:38
『Judy Moody, M.D.: The Doctor Is in!』
Judy Moodyシリーズ4冊目です。だんだん言葉遊びがエスカレートしていて、 マザーグースの一節やThe 12th day of the Christmasを使って替え歌を作ったりと、 Judy Moody節が炸裂でした。もうこれ以上エスカレートしたら、ついていけないかも・・・。    今回はJudyは「人体」について学校で学んでいます。実際に緊急救命室へ見学に行ったりして、  JudyはもうすっかりDoctor気取り。そんな時、弟が扁桃炎になり・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/16 08:50
今月の絵本(私用)
入院している間にいつの間にか2月、気がついてみるともう半ばです。 読み聞かせ用ではなく、自分自身が読みたくて購入した絵本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/15 12:23
『The Truth About Stacey』BSC #3
今回は4人のベビーシッターのうちStaceyが語り手のお話。 New Yorkから来たStaceyの病気や昔の友達との関わりのお話と、Baby-Sitters Agencyなる Baby-Sitters Clubをそっくり真似したライバル団体ができたことへの4人の奮闘のお話が同時進行に進みます。お借りして読みました。ありがとうございます! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/14 09:15
Magic Tree House#17〜#20
魔法で犬にされてしまったTeddyを助けるために、4つの場所からギフトを受け取ってくるシリーズ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/12 10:30
入院中に読んだ本いろいろ
就寝時間が22時だったのでなかなか思うように読めませんでしたが、子どもが寝ている 時にぼちぼち読んだ本の感想を簡単に。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/10 22:26
『The Biggest, Best Snowman』by Margery Cuyker
The Biggest, Best Snowman (Bookshelf) 子供達に欧米の雪だるまを見せたくて購入した絵本。  ちっちゃなNellは大きな母や姉たちのお手伝いはできないといわれ、  森のお友達のところへ遊びに行き、おおっきな雪だるまを作ろうと・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/28 09:52
『Junie B. Jones and Some Sneaky Peeky Spying』
レベル2〜3くらいでしょうか?MTHやMarvinよりはちょっと読みにくい気がします。 Judy Moodyと同じくらいの感覚で読め、お話は短いです(6300語)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/26 22:50
絵本いろいろ
多読100万語を超えて、これからは挑戦本に加えて、絵本もどんどん読んでいきたいです。 最近、読み聞かせではなく、自分のために読んだ絵本いろいろです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/26 14:12
『Amelia Bedelia, Bookworm』
このアメリアシリーズばかばかしさが好きで、ときどき読みたくなってしまうのですが、 今回もアメリアの天然ボケぶりはすごかったです。今回は図書館でいろんなことをやらかします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/26 08:59
『A Kiss Before Dying』MGR
A Kiss Before Dying (Heinemann ELT Guided Readers) 今まで読んだ中では長めのGR。一晩では読み切れず、二晩にわたって読みましたが、 内容がわかりやすく、お話の世界にぐいぐい引き込まれました。 レベル4らしいですが、ちょっと長めなだけで語彙が難しくなっているようには感じませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/25 21:27
『The Client』PGR
お借りして読みました。 映画を観ていたので、なんとなくあらすじはわかっていましたが、 登場人物が多く、途中までは誰が誰だったか頭の中で整理するのに 苦労しました。ドキドキして、どんどん先を・・と読めましたが、映画の方がもっとドキドキ ハラハラした記憶が・・・。原作読めば違うのかしら?いつか原作にも挑戦したいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/24 09:18
子供達に読み聞かせている絵本(1月)
★Oxford Reading Tree Stage1+ パターンドストーリー(旧Wrens) 6冊 普通のKipperくんのお話と同じように楽しんでいます。学習文型を定着させようとの意図が見える けど、子どもには関係ないようです。ぶはは!と姉弟で笑って楽しんでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/22 23:32
多読100万語通過
8月中旬から始めたSSS式多読で当初の目的の100万語を達成しました。 100万語報告はSSSの100万語報告掲示板で報告しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/01/22 00:06
『The Suitcase Kid』 Jacqueline Wilson
100万語通過本は大好きなJacqueline Wilsonの作品と決めていました。コレとBad Girlsと、どちらにしようかと迷って、試しに1ページ目を読んでみようと思ったら、最初に読んでみたコチラのお話の世界に吸い込まれていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/01/21 11:40
『The Velveteen Rabbit』
お借りして読みました。すごく素敵なお話でした〜。ふうっ。初めはトイ・ストーリーみたい・・なんて思って読んでいましたが、正統派のおとぎ話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/18 22:15
Zack Filesシリーズ初読!
猫がしゃべる?そしてひいおじいちゃんの生まれ変わりらしい・・・。 まあ、何とも奇妙なお話ですが、思わず何度かクスッと笑ってしまうほど楽しかったです。 気楽に読めるのがいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/17 22:34
『Claudia and the Phantom Phone Calls』Baby-Sitters
今回も面白かったで〜す!!このシリーズお気に入りになりました〜。 今回はClaudiaが語り手でClaudiaから見た残りの女の子3人の描き方でしたので、 #1のKristyとは微妙に違ってこれがまた面白かったです。   Claudia達の町の周辺にPhantom Callerという宝石泥棒があらわれていると聞き、4人は不安に なります。この泥棒は盗みに入る前にお金持ちが家にいるかいないか確かめるために電話を かけてくるので、Baby Sitter中にたびたびかかる無言電話におび... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/15 23:06
『The Love of a King 』OBW
昨日に引き続いて、名古屋オフでお借りしてきた歴史物GRです。 これも週刊誌を読むような感覚ですーっと読み切れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/13 09:08
『Henry VIII and His Six Wives』OBW
名古屋オフでみなさんが良いとオススメで、それなら!とお借りしてきた歴史物GRです。 さすがみなさんのお薦めだけあって、すごく読みやすくて、試しにちょっと読んでみるつもりが最初から最後までする〜っと読み終えていました。日本の大奥にも通じるところ(とにかくお世継ぎを・・)があり、へ〜、なるほど〜な一冊です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/12 09:12
『Kristy's Great Idea』Baby-Sitters Club#1
またまたお気に入りシリーズに出会えました〜。コレ面白かったです! 28000語と私にしては長めだったので、途中旅行もはさんでぶちぶち細切れで3日もかかりましたが、 chapterごとにお話がある程度まとまっていたので、前がわからなくなって返り読みする必要も なく、一気に読み切れないことによるストレスはほとんどありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/11 21:56
やさしく、たくさんを実践!
ようやく図書館で借りられて読めました。伊藤サムさんのサイトで概要は 読んでいて主旨はわかっていたのですが、やはり実際に読んでみて納得できることばかりでした。 やさしいものをたくさん読んだり、聞いたりすれば上達する・・をS, Krashen氏のインプット理論で説明している箇所は、私もずっと考えてきたことだったので大いに納得しました。自分が完全に理解可能なものに少しだけ知らない単語が混じっている状態が、いちばん習得効果が上がる(i+α)も体験済みなので、その通りだと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/07 11:07
「大掃除:『Judy Moody Save The World!』」について
「大掃除:『Judy Moody Save The World!』」について キツネさん、こんばんは! 私も読了しました。今回もJudyがんばっていますね。 こんな風に周りを気にせずガンガン進めたらどんなにいいか・・と思います。 とてもスッキリ気持ちのよい終わり方でした。 私はJudyにいつも癒されています。Judyのようになりたくてもなれないので、 (普通はなれませんよね?)私の理想なのかもしれません。 4巻目の感想も楽しみにしていま〜す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/06 00:33
『Judy Moody Saves the World!』
Judy Moodyも3作目です。Judyの日常生活が淡々と進みつつも、最後にはちょっとしたドンデン返しで盛り上げるこの描き方、大好きです。言葉使いもしゃれていて、クール。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/06 00:20
『Stuart's Cape』 by Sara Pennypacker
Ink Drinkersと同じイラストレーターで、とてもCuteな絵です。 Stuart Goes To Schoolの前編です。100本あまりのネクタイを集めて魔法のケープを作るいきさつがこのお話でわかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/05 00:06
Magic Tree House #15,16
年末、お正月と旅行先に持参して、皆が寝静まってから読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/04 01:20
あけまして おめでとうございます!
年末は掃除が終わるとバタバタと旅行に出てしまい、日記を書けませんでした。 主人の実家に帰省を兼ねて金沢に行っていました。子供達はソリ初体験しました〜。 2人とも初めてのスキー場に緊張気味でしたが、徐々に慣れて、最後はNeneが「まだやりたい〜」 と泣いて頼むほど気に入ったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/04 01:20
Magic Tree House #13, #14
昼間慣れない大掃除で疲れているので、こんな時は「困ったときのMTH」にご登場願いました。 今回はMLとして失われそうな図書を古代から救うのが兄妹の役目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/30 10:16
『Basket Moon』 Barbara Cooney, Mary Lyn Ray
美しい絵に惹かれて、図書館で見つけた絵本。Caldecott MedalistのBarbara Cooneyのイラストがお話とマッチしていて、とっても素敵な絵本でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/29 00:02
『Bured Alive!』Jacqueline Wilson
大感動したCliffhangerの続編ということで、とても期待して読みはじめましたが、↓の日記にもあるように、前半3分の1は退屈で退屈でなかなか進みませんでした。主人公Timの日記形式で書かれていて、各chapterの最初に可愛いイラストと日記がついているのは『Cliffhanger』と同じでしたがこちらの方がかなり語数も多く、Cliffhangerのようなワクワクするイベントもなく、淡々と話が進みます。ただ、登場人物は魅力的で、友達のBiscuitとのからかい合いや人形遊び?は面白いし、途... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/28 08:20
『Buried Alive』
Cliffhangerの続編です。ただ今読書中!・・・でしたが、コレもう投げようかしら?40ページほど読んだのですが、私自身がクリスマスのバタバタで疲れているせいもあるのか、すごく退屈です。Cliffhangerのような軽快なタッチを期待していたんですが、最初だからか、まったりと話が進んでいて、ついつい他事を考えながら読んでしまって、また前に戻ったりして、なかなか進みません。もう少し読んでみて、まだ新しい展開がないようなら、投げようと思います。(12/25) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/24 20:34
『There's a boy in the girls' bathroom』Louis Sachar
昨夜(12/23)読み終わりました!子供達が寝た後に読んでいたら、まる3晩かかってしまいました。 35,483語だそうで、無理もありません、いつものペースでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/12/22 13:56
『On the Edge』OBW
ちょっと途中何度か眠くなってしまいましたが、ドキドキする展開に引き込まれて最後まで一気に読み切りことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/12/21 09:07
『Dolphins and Sharks:MTH Research Guide』
先日は眠くなって投げてしまいましたが、子供達と水族館に行った後で読んだらスラスラ進みました。 (名古屋港水族館の年間パスを持っているので、月1は行っています) イルカ・サメの生態について詳しく書かれています。 こういう生物系の語彙って今までなかなか定着していませんでしたが、 コレで読むと印象に残ります。 こういうのはそのテーマに興味があるときに読むのがいちばんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/19 23:47
MTH#12『Polar Bears Past Bedtime 』
Master Librarianになるためにriddleを解いていくお話の4話目、最終話です。 今回は北極へ。シロクマが出てきて、絵も可愛くて、とてもほのぼのしていていいです。 恥ずかしながら私、この小学生向けのシリーズで結構「へぇ〜」と勉強になることが多いです。 今回も、北極の生活やシロクマの習性などがわかっておもしろかったです。 ただ、今回のriddleと最後のriddleはちょっと強引にこじつけているような??? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/19 19:27
MTH#11『Lions at Lunchtime』
今回2人はアフリカへ。動物大好きなkyokyoが喜びそうな表紙。内容もkyokyoが喜びそうな、動物がいっぱい出てくる楽しいお話でした。riddleは・・初めはわからなかったけど、読んでいる内にぴーんときました。 アフリカの動物界の知識として、「へぇ〜」と思うような内容も多く、とてもためになるお話でした。 う〜ん、MTHどんどん面白くなってきた。いい感じ〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/12/17 22:26
MTH『Dolphins at Daybreak』『Ghost Town at Sundown』 
お借りして読みました。 Dolphins at Daybreak 私の大好きな海の中へ冒険に行くという内容だったので、いつもにもまして楽しんで読めました。 語彙も『Finding Nimo』に出てくるものばかりだったので、何十回も子どもに付き合ってDVDを見ていてさすがに体にしみこんでいました。riddleも何のことをいっているかわかりました〜。 その勢いに乗って、リサーチガイドも読んでみようと思ったのですが、眠くなってしまって投げ!(^_^;)次の#10を読むことにしました。 G... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/17 07:31
『Skyjack!』 Oxford Bookworms Library
コレ、面白かったです。例のごとく(『Christmas Carol』の感想参照)、ちょっとは眠くなりましたが、途中からはぐいぐい引き込まれて、一気読みでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/12/14 23:51
『Christmas Carol』Macmillan Guided Readers Element
←これはOBWのもの ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2004/12/14 00:28
『The Boxcar Children』 by Gertrude Chandler Warner
お借りして読みました。とても気持ちのよいお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/11 23:43
『The Deadly Dungeon』A to Z Mysteries
私がこのシリーズが大好きになるきっかけになった#1『The Absent Auther』の登場人物である作家の家(お城)にいつもの小学生3人が招かれるというお話。今回はミステリーというよりはMagic Tree Houseさながらの冒険ものでした。でも最後にあっと言わされるのはいつもと同じ。なかなか楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/10 23:12
『Bad Day for Ballet』The Nancy Drew Notebooks #4
昨夜読んでいたときは、体調が悪かったからか、序盤の状況説明的な部分がちょっと間延び気味?で退屈だったせいか、読んでいる途中でものすごい睡魔に襲われて断念しましたが、先ほど続きを読んでみたら、ぐいぐい引き込まれて一気に最後まで読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/09 23:37
『The Canary Caper』A to Z Mysteries
お借りして読みました。 今回も平和なミステリーでした。小学生3人組が事件を解決に導く楽しいシリーズです。 Ruthの飼い猫がいなくなり、同時に近所のペットが次々といなくなっていることもわかり、 事件解決に向けて乗り出します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/06 01:08
『Caleb's Story』
Sarahシリーズの3作目。今回も静かな感動に包まれて、終わりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/04 22:23
『Skylark』
ふうううーっと、読み終わった後もしばらく放心状態でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/02 01:01
『Sarah, Plain and Tall』
ずっと読みたいと思っていたこの本をやっと読めました。評判通りとてもしみじみとした味わい深いお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/11/30 21:48
『Judy Moody Gets Famous!』
やはりこのシリーズいいです〜。昨日のTOEIC会場でも試験直前までずっと読んでいました。(本当は帰りの地下鉄で読むつもりがついつい行きから読んでしまい・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/11/29 21:48
久々のTOEIC受験記
11/10の日記に「SSS多読法を応用したTOEIC対策」なんて偉そうなタイトルつけていますが、結局はなんのことはない、ただ普通に多読していただけです。対策らしい対策はやはりできませんでした。途中から軌道修正し、せめて過去に使用済みの語彙集のCDをシャドーイングしながら見直そうと思ったのですが、それもNeneが熱を出したりして、半分弱しかできませんでした。結局前日もMTHのリサーチガイドを読んで終わり、当日も「Judy Moody Get Famous」を地下鉄の中や空き時間にも読み続けました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/28 21:40
Magic Tree House Research Guide 『Rain Forests』
これは入試問題やTOEFLの頻出トピックである環境問題のテーマをMTHのアニーとジャックが優しく解説しているものです。対象は小学生ですが、大人でも熱帯雨林のしくみやそこに住む生き物などの入門書として読むと、わかりやすいので楽しめます。「へぇ〜」や「ふ〜ん」とためになる知識が得られます。イラストも満載で楽しいのですが、ただ、やはり教科書的なので、小説のような楽しさはないです。はい。 global warmingやcarbon dioxideなどこのテーマには欠かせない基本語彙も登場するので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/28 19:51
Ink Drinkerシリーズ残りまとめて
このシリーズいいですよ〜。独自の魅力があります。完全にこの世界にハマり、まとめて読んでしまいました〜。続きはまでなのでしょうか、待ち遠しいです。短いお話なので、内容を少しでも書くとネタバレになりそうなので、さらっと感想を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/24 21:26
Magic Tree House Research Guide#1: 『Dinosaurs』
正直言って、今まで恐竜にはまったく興味はなかったのですが、MTH#1やHow Do Dinosaurs Say Good Night?の絵本などで興味を持ち、子供達のためにも恐竜図鑑を購入しようかと思ったのですが、MTHにリサーチガイドがあるということを知り、どうせなら英語でと思いこのシリーズを手に取りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/11/23 23:33
『The Ink Drinker』
何とまあ、不思議なお話でした。 SSSの掲示板で「レベル3〜4の児童書のオススメ」で話題が出ていて、アマゾンでチェックしてみたら、この不思議な表紙の絵を一目見てトリコになり、即購入していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/11/23 00:52
『The Werepuppy』
SSSの書評によると14000語(概算)で、YL4.5だそうです。なるほど、それで納得。チョコファクと同じくらいでしょうか。もっと読みにくかった気がします。特に主人公の飼い犬になるWolfieが出てくるまでが長くて、途中で投げようかと思いました。ただ、Wolfieが登場してからは、それまでの半分くらいの時間で読み切れた気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/23 00:10
『Judy Moody』
ああ、やっとCobble Street Cousinsシリーズに続く「癒し系」シリーズを見つけました!! といっても、タイプはまったく、ま〜ったく、違います!Cobbleがちょっと古風で可愛らしい女の子達のお話だったのに対して、Judy Moodyはいかにもイマドキの女の子。行動も奇抜で言動にもCoolなイマドキのアメリカの女の子っぽさが見られます。出てくる小物や話題から、アメリカの小学生の女の子の日常生活が垣間見られます。絵も可愛くて、セリフもしゃれていて、とってもとっても気に入りました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/20 23:20
『Stuart Goes To School』
by Sara Pennypacker, Illustrated by Martin Matje ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/18 23:17
『The Baby-Sitting Boss (Full House Michelle)』
久しぶりのミッシェルシリーズでした。もっと初めの頃に5冊ほどまとめて読んだらとても面白く感じたんですが、さすがにちょっとこの小学生のゴタゴタ騒動に飽きてしまい、しばらく本棚で眠っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/17 23:42
『Take a Good Look』
Jacqueline WilsonTake a Good Look ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/16 23:25
Magic Tree House #5,#6,#7,#8
前回、#1〜#4を単独のお話としてひとつずつ読んでいたら、途中、消化不良気味だったので、今回はまとめて読むつもりでしたが、まとまった時間が取れず、昨日と今日で読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/15 23:59
『How to Be Cool in the Third Grade』
How to Be Cool in the Third Grade (Puffin Chapters) お借りして読みました。「3年生になったんだからクールでいたい」というRobbieはクールになるためにどうすればいいか、リストアップして、実現できるように努力してゆきます。でもそれまでにはいろいろ困難があり・・・というたわいもないお話で、結末はスッキリ気持ちがよかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/11 23:54
SSS多読法を応用したTOEIC対策
Neneを出産する前以来だから、4年ぶりの受験になります。 11/28(日)の回に申し込んであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2004/11/10 21:10
MGR『The Picture of Dorian Gray』
The Picture of Dorian Gray (Heinemann Guided Readers) お借りして読みました。話の展開が面白くてどんどん読み進められました。 16000語が長く感じませんでした。原書でも読んでみたいと思いました。 でも、でも・・、この冷たさ、皮肉的結末は、ちょっと好みではないかも? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/09 19:32
MGR 『The Mark of Zorro』
The Mark of Zorro (Heinemann ELT Guided Readers) お借りして読みました。面白かったです。この時代や場所になじみはなかったので、最初はちょっと眠くなりそう?でしたが、中盤以降から熱中して読めました。ラストも気持ちよかったです。 それにしても、Zorroの正体は誰なのか、前後関係やいつもZorroがいるときにいない人を考えるとバレバレなのに、まわりの誰も気がつかないという設定にはちょっと笑えました。それもこの話のおもしろさなのかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/08 23:09
『A Flying Birthday Cake?』 Marvin Redpost#6
ちょっと前に読んでいたのですが、記録するのをすっかり忘れていました! 今回もハラハラドキドキあり、ハートウォーミングありで、面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/07 16:05
PGR『The Ring』
ふう。。これ評判どおりすごく面白いです。ミステリーとしてもよくできていると思います。 お借りして読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/06 20:01
『Owl Moon』
図書館で借りてきた本です。絵のあまりの美しさに吸い込まれるように見入ってしまいました。『Catwings』と絵の雰囲気が似ているな〜と思ったら、文章も内容も通じるものがありました。 1988年度コルデコット賞受賞だそうです。納得! 決して読みやすいとは言いがたい文章ですが、冬の夜の凛とした雰囲気のただよった緊張感のある世界です。父親と少女がふくろうを探しに行くという単純な話なのですが、子供に囲まれた日常から自然の森へと、パッと別世界に入り込んでしまうような力を持っている絵本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2004/11/05 20:43
『Slumber Party Secret』The Nancy Drew Notebooks #1
お借りした本です。スルスル〜と読めました。登場人物や設定がのみ込めるまでは多少読みにくさも感じましたが、その後は超高速読みでも大丈夫でした。日常会話表現が多くて、理解しやすかったです。Marvinくんと同じくらいか、ちょっと読みにくいくらいでしょうか。10000語が短く感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/11/05 08:53
子供に読み聞かせている絵本(11月分)
これはkyokyoが妙に気に入り、10月に引き続いて見せています。1日に3〜5回くらい、暇さえあれば「み!み!(みたい)」と言って持ってきます。いろんな恐竜が出てきて楽しいみたいです。Neneも恐竜たちの違いをいろいろ見つけて楽しんでいるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/03 23:49
『Charlie and the Chocolate Factory』
ふう、長かったです!細切れ時間を利用して読んでいたら、3日もかかってしまいました。32000語くらいだそうで、いつも7000語くらいの本を読んでいたので、無理もありません。ちょっと「キリン読み」でした。でも、図書館でずっと貸し出し中だったのをやっと見つけたのでどうしても読んでおきたかったのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/01 23:24
『The Bald Bandit』 (A to Z Mysteries)
The Bald Bandit (A to Z Mysteries) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/30 20:21
Camblridge CR『A Puzzle for Logan』
お借りして読みました。 2時間ドラマにありそうなサスペンス・ミステリー。女性美人警視が数々の謎を解いて犯人を見つけるお話でした。GRでもかなり読みごたえがある話でした。ただ、途中から犯人がバレバレになり、もうひとひねりあることを期待しましたが、そのままでした。 でも、上手く解決してスッキリ。一気に最初から最後まで読めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/28 01:30
『Play Ball, Amelia Bedelia』
読みたい本はいっぱいあるのですが、ここ数日ハロウィン・パーティの準備やら、Kyokyoの寝付きが悪いこともあり、細切れ時間はあるのですが、なかなかまとまった読書時間がとれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/27 11:17
子供に読み聞かせている絵本達(10月分)
NeneはORTに夢中で、以前に比べると普通の英語の絵本の数はめっきり減りましたが、月に1.2冊はピックアップして読み聞かせしています。 今月はハロウィン関係の本もあるのでこの4冊です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/23 22:32
MTH #4 『Pirates Past Noon』
お借りして読みました。 今回は兄妹は海賊のいる世界でドキドキハラハラの冒険をします。 帰ってきてから、Mの謎もすべて明らかになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/10/23 00:42
MTH #3 『Mummies in the Morning』
お借りして読みました。 今回は古代エジプトへタイムスリップ。 ピラミッドの中でエジプトの女王のゴーストと出会ったり、迷子になって黒猫に助けられたり、ハラハラドキドキの連続でした。今までの3冊の中でいちばん面白かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/22 00:03
MTH #2 『The Knight at Dawn』 
お借りして読みました。 今回は中世のお城にタイムスリップし、騎士に出会います。 はらはらドキドキで楽しめるのですが、中世のお城の中の描写などはわからない単語がけっこう出てきました。でも兄妹の会話はテンポがよく、緊張感が伝わってきて読む速度も上がります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/21 13:01
『Jane on Her Own』
今回は黒猫のJaneが田舎の生活に飽きて都会へと冒険に出るお話。 さまざまな現実の厳しさを経験し、最後はお母さんと優しい飼い主のところで落ち着く。 自由と平和とは?本当の優しさとは?考えさせられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/19 10:03
『Catwings Return』『Wonderful Alexander and ・・・
昨日に続いてこのシリーズにはまっています。 今回は田舎で人間の兄妹に可愛がられて落ち着いて暮らしていた4匹の猫のうちの2匹が町へお母さんに会いに行きます。そこで、同じように羽のある黒猫と出会い、再び田舎に戻ってくるまでのお話。最後は人間の兄妹のあたたかい愛に触れて終わります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/18 13:00
『Catwings』
羽がはえている猫4匹の兄弟がお母さんと離れて旅立ってゆく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/17 21:55
『Cliffhanger』 Jacquline Wilson
Timは勉強は得意だけど、運動は苦手。そんな彼の様子を見てパパが強引にアドベンチャーHolidayに行かせる。最初は失敗ばかりで弱音ばかり吐いていたTimだけど、最後は彼の賢さのおかげでチームに勝利をもたらし、チームメイト達と勝利の喜びを味わう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2004/10/17 03:23
『The Cat Mummy』 Jacqueline Wilson
Lizzie Zipmouth,Sleepoversに続いてJacqueline Wilsonも3冊目になりました。1人称で女の子の微妙な心理を淡々と語る文体にも、イギリス英語の口語表現にも慣れてきて、ますます楽しめるようになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/15 21:50
GR:CER 『Just Good Friends』
お借りして読みました。 2組のカップルがからみあう、「異性の友達はありえるか?」みたいな、どこかにありそうなお話でした。この主人公のStephanyは既婚の子持ち女性の敵のような人。私も今の立場だと、RuthとMaxを支持したい気持ちだったけど(2人の子供を持つRuthの気持ちは痛いほどよくわかって辛かった)、独身の頃ならStephanyの気持ちも少し分かってしまったかもしれないな。最後は男性2人が賢い選択をしているのが支持できました。ホッ。StephanyもいつかはRuthの立場になれば... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/14 23:40
GR ケンブリッジレベル3 Double Cross
お借りして読んでいます。 面白かったです。夢中になって一気に読みました。子供の声、TVの音など外野がうるさくてもまったく気にならないくらい熱中していました。気がつくと今まで読んだ中でいちばん長い16000語弱!そんなに長かったの?!ワクワクドキドキのサスペンスで無駄な表現は一切無く、テンポよく話が進むので、スラスラ読めました。これも多読向きの本ですね〜。 内容は・・・あやしい人物ははじめからバレバレで、ギターのトリック?も何となく予想できました。ので、まあまあですが、予想通りにコトが運ぶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/11 22:46
昨日観た映画(レンタルDVD)
娯楽映画として面白かった!眠いときに見始めたので、途中で寝るかもと思ったけど、とんでもない、最後まで目もギンギンで熱中して見た。「アルマゲドン」系?かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/10/10 22:34
Magic Tree Houseに挑戦!
お借りして読んでいます。 MTHの一話目。ドキドキ・ワクワクしながら読みました。子供達の会話も生き生きしていてワクワク感が伝わってきます。これはイイ!是非子供達にもいつか読ませたいから購入しようかな?? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/10 20:09
子供達に読み聞かせ・・Curious George
図書館で借りた本です。Curious Georgeのお話が8話入っている傑作集です。 今までに読んだものもありましたが、Neneと一緒に楽しく読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/09 14:53
たまには大人の話も読みたくて・・今日はGR(ネタばれ)
お借りした本です。 児童書ばかり読んでいると平和でいいのですが、ちょっと刺激が足りないと言うか、もの足りなくなります。そんな時にGRでも大人の話を読むとなかなか新鮮です。 3話入った短編集でした。短い話なので、家事の細切れにも読めてイイです。どの話もそれなりに楽しめましたけど、最後のThe Dameがいちばん考えさせられました。ダムが出てくるので、結末は何となく予想できたのですが、どちらが殺されるのかな〜と思って読み進んで、やはり女は女を殺すのか・・・って妙に納得してしまいました。(恐?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/08 20:02
今日読んだ本
お借りして読んでいます! 時間がない日に読むのはこれくらいが限度です。ミステリー好きなのでもう少し大きなひねりを期待してしまいましたが、まあまあ楽しめました。 このシリーズはMarvinくんよりも会話が多くて、アメリカの子供達の口語表現がいろいろ出てきて楽しめました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/10/07 23:15
今日読んだ本たち
すべて図書館で借りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/10/06 13:14
今日読んだ本たち
お借りした本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/05 09:38
10/4の日記:NeneとORT(Oxford English Tree)
Nene用にとORTを購入したのが去年末でしたが、すっかりハマり、毎晩10冊近く読んでからでないと納得して寝てくれません。Stage1の文字無しを読む(見る?)ことから始めて、one word →one sentenceと進み、今読んでいるStage5は文章が1ページにつき2〜4つ。文章も徐々に長くなり、登場人物も徐々に増えているので、3歳のNeneでもなんとか理解できているようです。他の絵本でこれらいの文章があるものだと、登場人物が多かったり、話が複雑だったりで、英語以前の問題で理解できないよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/05 09:26
Marvin Redposシリーズ 『Class President』
お借りした本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/03 23:49
30万語突破!
今週は風邪を引いてしまい、語数があまり伸びませんでしたが、図書館で借りてきた大量の絵本とMarvinくんシリーズで何とか今週中に30万語越えることができました。 30万語通過本はNate the Great and Me: The Case of the...でした。 このシリーズも数冊読みましたが、絵本と変わらない感覚でスイスイ読めるのがイイです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/10/02 23:07
Mavin Redpostシリーズ『Alone in His Teacher's House』
お借りした本です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/02 00:00
Marvin Redpostシリーズ『A Magic Crystal?』
Caseyちゃん、最高!そう、この年齢の女の子は強い。 この年齢の微妙な心理や行動、男女の力関係、すべてうまく描き出しています。こんなことは日本の小学生でもありそうです。途中からオチは何となく想像できたけど、そこにうまくハマってくれた爽快感がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/09/30 23:16
Marvin Redpostシリーズ 『Super Fast, Out of Control!』
今回も「思いこみの激しさ」ゆえにひとりで葛藤するMarvinくん、とても笑えました。 父親・母親・妹・兄の家族の愛情も感じられ、とても心温まるお話でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/30 12:58
Cobble Street Cousinsシリーズ『Wedding Flowers』
今回はとうとうこのシリーズ最後でした。 何といってもAunt Lucyがウエディングドレスに着替えて、Michaelと対面するシーンがよかった。 3人のいとこ達を同じ気持ちになってドキドキしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/30 12:50
多読を始めて変わってきたこと
まだ25万語を越えたくらいですが、実感している多読の効果をまとめておこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/09/27 22:22
Cobble Street Cousinsシリーズ『Summer Party』
このシリーズも5冊目ですが、今日は読む速度が速くなったことを実感しました。 同じシリーズを5冊も読んでくると、登場人物の説明や場所・状況の説明はわかっているので、超高速で読めますし、文章のリズムや展開もつかめているからスラスラ進みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/27 22:03
Marvin Redpostシリーズ3 『Is He a Girl?』 Louis Sachar
今回も、文句無く面白かった〜。文章にリズム、キレがあって読みやすい。最初から最後まで読み手を引きつけて独自の世界に入れ込んでしまうSacharは本当に見事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/27 00:06
Cobble Street Cousinsシリーズ『Some Good News』
このシリーズ本当に好きです。絵が可愛いし、簡単にさくさく読めるのがイイです。どんなに疲れていても、眠くてもこのシリーズなら大丈夫。1冊必ず読み切れます。 4作目ですが、今回の話がいちばんよかったです。 個性豊かな3人のいとこ達のやり取りが面白いです。 このシリーズあと2つでおしまい。寂しいです。他にこういう癒し系ないかな〜。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/25 20:30
George's Marvelous Medicine
Roald Dahlの5冊目。5冊の中ではあまり好きな方ではないかな? ここまでやるか?という感じ。最後のオチは見事!こんなことが実際にできればいいのに?! なんてちょっと怖いことを思ってしまいました。(>誰にやるの??) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/23 20:42

トップへ | みんなの「英語」ブログ

Miru's Diary 英語のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる