Miru's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ALTの授業参観して思ったこと

<<   作成日時 : 2007/09/20 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

Neneの小学校のALTの授業参観に行ってきました。
隔月に1回来ているので、これが3回目でした。

1回目は先生の自己紹介をスライドを見せながらQ&A形式でやっていました。先生はとても明るいアフリカ系アメリカ人で、個人的にはすごく好感が持てる感じの人でした。ただ、先生の英語の話を逐一和訳していくアシスタント(日本人)がついていて、「英語は英語のまま」が当たり前になっている私やNeneにはとっても違和感のある授業でした。まあ、初回だから仕方がないのかな〜と。

2回目は仕事があって見に行けませんでした。

さて、今日のレッスンはというと。。
テーマは「Body parts」でHead , shoulder, kneesなどの言い方を歌を入れたり実際に触ってみたりして楽しくやっていました。大まかな印象としては、英語を初めてやる小学1年生で30人ほどのクラスでやる内容としてはとてもよかったと思います。先生のキャラも楽しいので子供はとても楽しそうでした。

ただ、私としては細かいところはいろいろ気になることがありました。
一番気になったのは次のゲームです。
Please touch your head. Please touch your体の一部 ・・と言い、できたらGood!と言われ、そして、Touch your head.で頭を触ってしまったら、「ぶ・ぶー」と言われます。そのパターンの繰り返し。
大人ならここで、「Pleaseをつけなきゃいけないってことね」とすぐに気がつくと思います。ただ、子供は・・・・Neneを見ていると「Touch your knees.」膝を触っています。先生に「ぶ・ぶー」と言われ、きょとんとしていました。無理もありません。ゲームを理解していないから。膝触れと言ったから触ったんじゃない!って。そこで担任「あら?みんな、まだ気がつかないかしら??」と。
さすがにNeneや他の子供達も何度も繰り返すうちにわかったようでしたが・・・。
う〜ん、このゲーム、語彙力(Body Parts)をつけるためにはいいですが、運用力をつけるためには疑問です。最初に「Pleaseをつける意味」を英語でもいいから簡単に説明して欲しかったです。運用的には「Touch you head.」で何も間違いありません。pleaseがついた方が丁寧だというだけ。その意味合いをまったく言わずに、「Touch you head.」「ぶ・ぶー」はよろしくないと思います。
これに似たゲームで「Simon says」と言うのがあります。Simon says Touch your head.と「サイモンさんが言ったよ」とついている時しか命令に従ってはいけないと言うもの。これはもっとゲーム色がしっかり出ているので、Simon saysがなかったら「ぶ・ぶー」となってもわかりやすいですが、Pleaseは実際に命令文につける単語なので、一言説明が欲しかったです。「これはゲームですよ。普段はつけなくても意味は通じるけど、つけた方が丁寧でいい言い方ですよ。今日は付けなきゃいけないことにします。そういうゲームです。」と。

こんなこと思うのは私とNeneくらいなので、まあいいとして、内容的にはDWEのプレイアロング(0−2歳児)レベルの授業でしたが、ネイティブの発音を聞いてみんなで楽しくゲームしながら英語を使って遊んだことの意味は大きいです。私たちの小学生の頃と較べたら大きな進歩と言っていいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も“Please”のゲームには疑問を感じるわ。
授業の前半で体のパーツを習ったんだったら、それを中心にしたゲームでいいのにね。。。
ゲームでいきなりPleaseが入ってきてもねぇ。。。
そりゃ、子どもたちこんがらがるよね。
歌(Head Shoulder Knees and Toe等)でも、Pleaseが入ってるのって、私知らないんだけど??(あるのかな?)
Miruちゃん、指導補助かって出たら?
って、これ以上忙しくはなれないよね(^_^;

でも、初めて英語に触れるときに、それがネイティブの発音っていうのは、とってもいい環境だよね。
それが1年生からだっていうのも。
うちの学校でも、ネイティブの先生らしい名前を目にしたことはあるんだけどね。。。
どこの学年で、どういう風にやっているのかは不明。
(その先生を見かけたことすらない。。。)

どうなっていくのかね。。。小学英語。
(先日、高学年で週1で入れるの決定してたよね。他の主要教科時間数も増やすって。。。)
Nao☆
2007/09/21 10:29
Naoちゃん
たぶんこの先生のねらいとしては何度も「Touch your ○○.」を使いたかったんだと思う。それでPleaseを入れる入れないでゲームにして身体の部分の表現を覚えさせるのが目的だったんだと思う。それはそれで成功していたのよ。たぶん、それまでshoulderやkneeを知らなかった子でもこのゲームを通して覚えたと思う。でもゲームとはいえpleaseをつけないだけで×と言われるのはちょっと違和感あるよね?!よかった!Naoちゃんもおかしいと思ってくれたのね。

小学英語どうなるのかな??このALTのような授業が週1ではいくらなんでももの足りなくなってくるだろうし・・。週1って微妙な頻度だよね??何ができるのかな?成績にはつかないみたいだし。。中途半端にならないといいけどね。
Miru
2007/09/21 20:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ALTの授業参観して思ったこと Miru's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる