Miru's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々のTOEIC受験記

<<   作成日時 : 2004/11/28 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11/10の日記に「SSS多読法を応用したTOEIC対策」なんて偉そうなタイトルつけていますが、結局はなんのことはない、ただ普通に多読していただけです。対策らしい対策はやはりできませんでした。途中から軌道修正し、せめて過去に使用済みの語彙集のCDをシャドーイングしながら見直そうと思ったのですが、それもNeneが熱を出したりして、半分弱しかできませんでした。結局前日もMTHのリサーチガイドを読んで終わり、当日も「Judy Moody Get Famous」を地下鉄の中や空き時間にも読み続けました。

受験してみて手応えは・・まあまあです。あのトラブルさえなければ、久しぶりに受けたにしては◎でしたが。。。そう、点数が取れるはずのPartZ(最後の読解問題)で、とっても基本的なミスをしてしまいました。順調に問題を進められ、息切れすることなく、あと8分の時に気がつきました!「よしよし、このままあと2題だから、なんとか時間内にできそうよ!ええ、あれ?残り2題で5問で終わりなのに、196まで回答してしまっている〜!!(200問で終了)ええ、どうして?!」 ・・・そう、ひとつの問題で2回マークしていたのに気がつかず、196まできてしまっていたのでした。。それから急いで、さかのぼって確認していき、読解問題の最初で2回同じところをマークするミスをしていたのに気がついて訂正し終わったら、「はい、時間です。止めてください」・・・でした。あと残りの5問はなんとか適当にマークしただけで、まったく読めませんでした。く、くやし〜い!!

まあ、不幸中の幸いは、最後の問題2つはできなかったにしても、マークミス自体に気がついて、訂正はできたこと。訂正もできなかったら、ほとんど40問がデタラメだったので、もっと悔しいことになっていました。・・・こんな初歩的なミスをしてしまうとは。。。いかに試験のたぐいから遠ざかっていたかがわかります。

このトラブルを抜かせば、リスニングもリーディングも以前に受験したときに比べて、ずっと楽にできました。「英語のまま理解する」にこだわって、多読やシャドーイング、語彙も英英辞典で調べる、を続けてきた成果は実感できました。リスニングも以前は速くてついていけなかったのに、よほどなじみのない内容以外はわかりましたし、リーディングもあのトラブルがなければ時間内に全部やり終わることができたし、ちゃんと全部読んでもPartZ(最後の読解問題)で時間が足りなくなかったのははじめてでした。今までは拾い読みでなんとか解答して最後まで言っていましたが、今回は全部読むことができた(トラブルがなければ)ので、かなり読むスピードはついていると言ってもいいのではと思います。

ただ、問題はPartW(長いリスニング)とPartXです。PartWは以前よりはできたような気がしますが、まだまだなじみのない話題だと太刀打ちできません。PartXは文法的な問題ならなんとかわかっても語彙の問題になるとまったくわかりません。PartYもあやしいな〜。まだ結果が来ないとわかりませんが、受けた印象ではやはり語彙力不足が欠点のようです。それと多読で速読力と速聴力はついてきた気がしますが、時事英語やビジネス特有の言い回しなどに弱いのは変わりません。やはり英字新聞の多読&語彙習得やCNNなどの聞き込みが必要だと思いました。多読と平行してやるといちばんいいのでしょうね。あとはどうやってそんな時間を作るのか??

今回の受験は多読の効果と自分の欠点がよくわかったので、受けて良かったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
久々のTOEIC受験記 Miru's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる